分割があった場合

このウインドゥを閉じる

会社が事業部門を分離・独立させたり,地域別の会社に分割することをいい、その形態により吸収分割と、新設分割とがあります。

※分割には

  1. 法人が現物出資により新たな法人を設立し(100%子会社に限ります)、その出資により事業の全部又は一部を引き継ぐ場合
  2. 法人が金銭出資により新たな法人を設立し(100%子会社に限ります)、事後設立契約により設立後6ヶ月以内に金銭以外の資産の譲渡が行われた場合

を含みます。