簡易課税/原則課税選択の検討 このウインドゥを閉じる

基準期間の課税売上高が5千万円以下の課税事業者は、原則課税のほか「簡易課税」という計算方法も選択することができます。一定の場合を除いてその選択は課税事業者となる期間の前までに行う必要がありますので、事前に比較検討しておきましょう。