自社ビルの建設(建設仮勘定)(建物) このウインドゥを閉じる

建設途中の建設会社等への前渡金など、原価を集計する科目である建設仮勘定は不課税取引。完成・引渡し時に課税取引。但し仮勘定に不動産登記の登録免許税など不課税・非課税取引が含まれている場合にはそれぞれに準じた処理となる。

また、目的物の一部につき引渡しを受けたときは、受け渡しを受けた部分に相当する課税仕入れにつき、その一部引渡しを受けた課税期間に課税取引とすることもできる。

【仕訳】
例

自社ビルの建設にあたり、建設会社に前渡金43,200,000円を支払った。

借方 建設仮勘定 43,200,000 貸方 現金 43,200,000
例

上記ビルが完成し引渡しを受け、残金64,800,000円を支払った。

借方 建物 100,000,000 貸方 現金 64,800,000
  仮払消費税 8,000,000   建設仮勘定 43,200,000