生命保険料、損害保険料の支払い(保険料) このウインドゥを閉じる

生命保険、損害保険、ともに非課税取引。

保険料のうち事務費部分が区分され徴収されている場合には、その事務費部分は課税取引。

保険代理店が保険会社より受け取る代行手数料は、保険に係る業務の代行という役務提供へ対価ということで課税取引。

【仕訳】
例

損害保険料10,500円を振り込んだ。

借方 保険料 10,500 貸方 普通預金 10,500
       
例

生命保険(養老保険)の保険料21,000円を振り込んだ。

借方 保険積立金 21,000 貸方 普通預金 21,000
       
例

自賠責保険を25,000円支払った。

借方 保険料 25,000 貸方 現金 25,000
       
例

保険会社より代理店手数料216,000円を受け取った。

借方 普通預金 216,000 貸方 受取手数料 200,000
    仮受消費税 16,000