週刊なるほど!消費税 特定期間_6月の期間の特例 このウインドゥを閉じる

_/_/ Weekly Consumption tax _/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/


☆☆ 週刊 なるほど!消費税 ☆☆ 第372号(2014/11/03)


【 アトラス総合事務所 】 http://www.cpainoue.com/


_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/_/



■◇〔特定期間_6月の期間の特例〕◇■




【先 生】

「さて、前回では、法人の場合の原則的な特定期間について勉強したのだけれど、きちんとその内容を

覚えているかしら?」


【生徒♀】

「勿論ですわよ。法人の原則的な特定期間は、その事業年度の前事業年度が短期事業年度に該当しない

場合には、『その事業年度の前事業年度開始の日以後6月の期間』でしたわね?」


【生徒♂】

「但し、その原則的な特定期間にも例外のケースがあるんだったよね?僕はここで戦意を喪失したって

訳さ!」


【先 生】

「そんなの自慢にならないわよ。でも原則的な特定期間の意味はきちんと覚えていたのね。偉い偉い!」


【生徒♀】

「それにしても先生、原則的な特定期間の例外ケースってどんなケースですの?」


【先 生】

「例外ケースは、次の2つよ。これを『6月の期間の特例』って呼ぶわね。」

   ≪6月の期間の特例(消令20条の6第1項)≫

1.その6月の期間の末日が月末以外で、且つ、その前事業年度終了の日が月末

である場合


2.その6月の期間の末日が終了応当日以外で、且つ、その前事業年度終了の日が

月末以外である場合


【生徒♂】

「何だか出だしから難しそうで、頭のヒューズが飛んじゃいそうだよ・・・」


【生徒♀】

「今時“ヒューズ”って・・・あなたホントは何歳なのよ?でも確かに難しそうですわね。これって具

体的にはどんなケースなのかしら?」


【先 生】

「先ず、『1』のケースに当てはまるのは、『前事業年度中に設立された法人の内、設立日が月の途中で、

且つ、決算日が月末』のケースよ。」


【生徒♂】

「え〜と・・・例えば、

■(設立日)平成24年4月5日

■(決算日)毎年3月31日

■(設立1期目=前期)平成24年4月5日〜平成25年3月31日

■(設立2期目=当期)平成25年4月1日〜平成26年3月31日


というケースかな?」


【先 生】

「そうよ。このケースだと、

    ■6月の期間の末日⇒平成24年10月4日(=月末以外)

    ■前事業年度終了の日⇒平成25年3月31日(=月末)


となるでしょ?」


【生徒♀】

「なるほど。確かに『1』の要件を満たしますわね。この場合の特定期間は、どうなりますの?」


【先 生】

「この場合の特定期間は、『前事業年度開始の日から6月の期間の末日の属する月の前月の末日までの

期間』を特定期間とみなすのよ。」


【生徒♂】

「え〜と・・・ダメだ・・・分かんないや・・・」


【生徒♀】

「この例だと、

     ■6月の期間の末日⇒平成24年10月4日

     ■6月の期間の末日の属する月⇒平成24年10月

     ■6月の期間の末日の属する月の前月の末日⇒平成24年9月30日


となる訳だから、特定期間は、『平成24年4月5日〜平成24年9月30日』となりますわね?」


【先 生】

「お見事!大正解よ。」


【生徒♂】

「もう1つの例外である『2』は、どんなケースなの?」


【先 生】

「そうね。だいぶ疲れたようだから今回はここまでとして、もう1つの例外である『2』のケースにつ

いては、次回にお話しするわね。それまでに元気を回復させておきなさいよ。ではまた次回!ばいば

い!」




**< アトラス総合事務所 税理士 大森 浩次 >**

◆発行 アトラス総合事務所