原則課税 課税売上割合が95%以上の場合

このウインドゥを閉じる

課税売上高が5億円以下の場合には、調整計算は必要ありません。 「預かった消費税」から「支払った消費税」を差引いて納税額を計算します。

課税売上高が5億円を超える場合には、調整計算が必要となります。

調整計算の方法には「個別対応方式」と「一括比例配分方式」という2つがあり、事業者はどちらか有利な方を選択できます(届出等は必要ありません)。ただし一括比例配分方式を採用した場合には、最低2年間継続適用しなければなりません。