帳簿等の記載・保存義務 請求書等への記載事項は? このウインドゥを閉じる

控除を受けるための要件となる請求書等
  • 相手方が発行した請求書、納品書、領収書などの書類
  • 自己が作成した仕入明細書・仕入計算書(相手方の承認を受けたもの)
  • 税関長から交付される輸入許可証
請求書等への記載事項
・請求書等の場合

 相手方作成書類

  • 書類作成者の氏名または名称
  • 年月日(一定期間分をまとめて発行する場合にはその対象期間)   
  • 対象とされた資産または役務の内容
  • 対価の額(消費税額がある場合にはその額を含みます)
  • 書類の交付を受ける事業者の氏名または名称
  • 小売業や飲食店業のように、通常不特定多数を相手としている事業ではレシート等に相手先名・名称を記載しないのが通例なので、記載を要しません

 自己作成書類(相手方の承認を受けたもの)

  • 書類作成者の氏名または名称
  • 相手方の氏名または名称   
  • 年月日(一定期間分をまとめて発行する場合にはその対象期間)
  • 課税仕入にかかる資産または役務の内容
  • 支払対価の額(消費税額を含みます)

 輸入許可証等

  • 保税地域を所轄する税関長
  • 保税地域から課税貨物を引き取ることができることとなった年月日
  • 課税貨物の内容
  • 課税貨物にかかる消費税の課税標準額および引き取りにかかる消費税・地方消費税額
  • 書類の交付を受ける事業者の氏名または名称